安心安全、個性派の北欧車ボルボに乗ろう。

硬派なボルボ、しかも安全装備満載

ボルボは、スウェーデンに本拠地を置く自動車メーカーで、現在はフォードの傘下にあります。1980年台は角ばったデザインが特徴で、いかにも頑丈そうなエクステリアデザインを展開していました。しかし、ボルボの特徴はデザインではなくその先進的な安全装備にあります。正解で初めて3点式シートベルトを開発したことは有名ですが、現行車もボディ構造による乗員保護はもちろん各種運転アシストを装備し、事故を起こさない、事故にあっても乗員を守ることを徹底して貫いています。

どんな安全装備があるのでしょうか?

具体的にボルボの安全装備をご紹介しましょう。まずは最新の「歩行者検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」です。このシステムはカメラとレーダーにより、前方の歩行者などの障害物の動きを検知してアラートを発し、ドライバーの反応がない場合には自動でブレーキをかけるシステムです。これは交通事故を軽減するシステムです。つぎは「低速用追突回避・軽減オートブレーキ・システム」です。こちらは最近では珍しくないシステムになりましたが、ボルボは7年前の2009年に導入しています。前段でご紹介した3点式シートベルトを始め、ボルボは、乗員だけではなく車外に対しても優しい車なのです。

欲しい、けど新車は高い。でも欲しいから中古車はどう

ボルボは、その個性を気に入って購入する車だと思います。国産では飽き足らずでもドイツ車は見かけすぎ没個性に感じる方には一考の価値があると思います。でもやはり新車はそれなりのお値段がしますので、メーカーディラーお墨付きの認定中古車はいかがでしょうか。ディラーの専門スタッフが新車登録より6年未満および走行距離60,000km以内の車両のみを厳しいチェックにかけた、選りすぐりの中古車です。豊富な在庫から、最も気に入った1台を選ぶことができますので、必ず気に入ったものが見つかるはずです。ぜひ、店舗に足をお運びください。

ボルボの中古車の走行性能は、製造年や保管状態、事故歴などに影響を受けやすいことがよく知られています。